飛行機関連

パイロットは英語堪能!?

「英語べらべらでしょう」・・・・Pilotをやっているとよく言われるフレーズです。
結論から言うとネイティブと変わらないべらべらの人もいますし、そうでもない人がもいます。

航空英語と言うのは特殊な言葉を使いますのでそれさえ覚えてしまえば、別に日常会話ができなくても何とかなります。
通常の場合はそれで済みます。

しかし何かトラブルが起きた時とか通常とは違う状況になった時には管制官も航空英語ではなく、ほぼ会話英語で喋ってきます。
また国際線だと乗客に外国人も乗っていますので、アナウンスもしなければなりません。
この場合もトラブルが起きると英語で状況を説明しなければなりません。

ですので少なくとも日常会話程度の英語ができないと困る場面は出てきます。

日本では飛行機と管制官の間のコミュニケーションは通常英語ですが、日本語でも良いことになっています。
状況が難しくなると良く「日本語で申し上げますと」日本語で言う場合もあります。

飛行機の管制は世界的には英語が標準ですが、自分の国では母国語を使っても良いと言うところがほとんどだと思います。
でも大体の国は英語を使っています。。
ただ、中国は自国機に対しては中国語で管制しています。
私たちは他の飛行機のコミュニケーションを聞いて他の飛行機の位置とか高度、状況を把握していますが、中国では中国語が飛び回っていますので他の飛行機がどうなっているのかさっぱりわかりません。

9年くらい前に国際線を飛ぶときには「航空英語証明」と言う資格が必要になりました。
これはどこの国とは言いませんが、英語の日常会話すらできないようなパイロットが国際線を飛んでいる状況が問題視され、設定された資格です。

この資格を初めて取る場合はテープで航空管制を聞いて答えを選ぶ択一式の試験と、それが合格したら一対一の面接の試験の二つを受けなくてはいけません。

面接では日常会話から始まり、1枚の絵と4コマの絵を見せられて(英語が堪能と試験官が判断すると6コマの絵が出て来ます。)その絵の中の状況を英語で説明したり、管制のロールプレイングを行ったりします。

評価は1から6まで6段階有り、4以上で合格です。
ちなみに6はネイティブの英語能力がないともらえません。
ですので母国語が英語の人は全員6ですね。多分・・・。

日本でこの試験が始まった時にはこの試験に落ちた日本人の国際線パイロットもいました。

ですのでパイロットでも英語がべらべらとは限りません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。