飛行機関連

飛行機が苦手・・・?

 

飛行機が苦手と言う方から苦手意識を克服する方法はないかとご相談を受けました。
調べてみると苦手な方が結構いらっしゃるようですので役に立つかどうかはわかりませんが、パイロットの視点で書いてみようと思います。

飛行機の苦手意識克服法を検索してみると「音楽を聴いて」とか「お酒を飲んで」と書いているものが多いですが、
怖いと思っている人にとっては怖いものは恐いので、なかなかそれでは解消法にはならなのではないでしょうか?

私が思うに飛行機への理解を深める事が少しでも恐怖心を和らげる近道ではないかと思いますのでいくつかご紹介致します。

巷ではすべての乗り物の中でも飛行機は最も安全と言われています。
事故率を比較してもダントツに低い値になっています。

米国の国家安全運輸委員会(NTSB)の調査によると、飛行機に乗った時に墜落する確率は0.0009%だそうです。

 

またある航空アナリストによると「国際航空運送協会がジェット旅客機が事故を起こす確率を発表しており、2013年の数字は100万便につき0.41、仮に、週1回1往復(2回搭乗)し、年104回乗る人でも、事故に遭う確率は3900年に1回。途方もなく低い確率だ。」と言う事です。

それは間違いのない事なのですが、一度事故が起きるとその派手さと高い確率で死亡する事が、インパクトなって飛行機恐怖症の人にはトラウマになってしまうと言う事ではないでしょうか?

少し専門的になりますが、先ずは飛行機の安全対策について書いていこうかと思います。

今の飛行機は昔に比べるとはるかに安全になっています。
システムも一つが壊れても安全に支障がないように2重、3重のフェイルセーフ構造になっています。
飛行機が原因で墜落に至る重大な事故は少なくなっています。

戦後の飛行機の事故の統計を見てみると時代が進むにつれ技術の進歩で飛行機の安全性が向上し事故は減少の一途をたどっていましたが、1970年代後半になると事故の件数は横ばいになってしまいました。

代わりに事故の原因としてクローズアップされたのが人間によるエラー、いわゆるヒューマンエラーによる事故です。

その対策は1980年初頭にユナイテッド航空が開発したCRM(Cockpit Resource Management)と言う乗員のコミュニケーションに焦点を当てたものが進化しながら現在に引き継がれています。

 

CRMについて記述すると長くなりますのでいつかの機会に書きたいと思いますが、簡単に言うと今まで機長が絶対の縦社会であった操縦室内の乗員関係をフラットにし、乗員間のコミュニケーションを円滑に行い、最善の判断を導き出すと言うものです。

この訓練は現在、ほとんどの航空会社で行っており、航空機運航の安全に寄与しているものと思います。

現在の事故原因がヒューマンエラーによるものが多いと言う事実からすると搭乗するエアラインの選択は事故に遭う確率をさらに下げる一策ではあります。
世界の航空会社の安全対策は一定の水準が保たれているとは言え、残念ながらお国柄も反映され、決して十分に安全とは言い切れない航空会社があるのも事実です。

我々パイロットは一般の方より各航空会社の内情を知る機会が多いので私自身絶対に乗らないと言う航空会社はあります。
ここでは書けませんが、もしご興味がありましたらご連絡ください。
そっと教えします。w

ちなみに日本の航空会社は問題ないと思います。
私も国内であればエアラインにはこだわりません。

次にパイロットの訓練についてお話しします。
パイロットの訓練、審査については以前こちらに記述しましたのでご覧いただきたいと思います。
私たちは不測の事態に備えて年に何回も厳しい訓練、審査を行っています。
現在は昔と違って高性能なシミュレーター、FFS(Full Flight Simulator)と言って着陸も実機と同じ感覚で出来、またほぼ想定できる故障は再現できます。

この様な機材で訓練できるようになったと言うのも安全にかなり寄与していると思います。

最後に私の様な人間がいると言う事を知っていただく事も多少は恐怖心を和らげるかもしれませんのでご紹介します。

私の場合、飛行機に限らず乗り物が大好きで陸、海、空のライセンスを一通り持っています。
特に飛行機は大好きで子供のころ空港に行って良く飛行機を眺めていました。

そのために飛行機に乗ってもわくわく感の方が大きく怖いと思ったことは一度もありません。
乗客として乗っているときもそうですが、自分で操縦しているときはまさに楽しんでいると言った方が良いかもしれません。

また空から眺める景色は最高です。
私は窓側に座るとずっと外を眺めています。

エアラインを退職した今もセスナに乗り、将来のエアラインパイロットを育てています。

セスナはご存知の通り単発機です。
セスナのエンジンは基本的に自動車のエンジンと変わりはありません。
めったに故障する事はないのですがそれでも止まることはあり得ますが、セスナの場合、飛行機が小さいですし、速度が遅い分、不時着の成功率は高いです。

この様な単発機でも怖いと思った事はありません。
それよりも飛べる事に幸せを感じます。

残念ながら事故が絶対にないと言い切れませんが、前述した通りその確率は自動車事故よりはずっと低いものです。

私は運命論者でも、宗教を信じている訳でもありませんが、もし飛行機に乗って0.0009%と言う低い確率の事故にあったならこれは運命、自分は神にここまでの命と定められたのだと考えるようにしています。

私は自動車で事故に遭う方が無念です。

以上、飛行機野郎の視点で書いてみましたが少しでもお役にたてば幸いです。

POSTED COMMENT

  1. ねこ より:

    子どもの時から飛行機がずっと苦手だった者です。記事楽しく読ませていただきました。

    おっしゃる通り、飛行機への恐怖心を和らげることは「飛行機への理解を深める事」だと思います。私も海外のサイトを含めて飛行機の構造や墜落原因など色々調べるにつれて、「誤って積乱雲に入るとか、あるいは撃墜されるとか、それぐらいのことがない限りは基本落ちないんだな」ということが分かってからは、あまり怖くなくなりました。それでも離陸後の10分位は今でも緊張しますが。

    ただ、航空会社は慎重に選びます。パイロットの年収まで調べて乗ることもあります。
    良くない待遇を受けているパイロットに自分の命を預けられないと思うからです。機体ならボーイング777(できれば300ER)か、エアバスA380をできるだけ選びます。お気に入りの航空会社はシンガポール航空です。機体はエアバスのA380すごく好きなのですが、燃費や維持費などが大変なのか、あまり見かけないのが残念です。

    元パイロットの方のブログはこれまであまり見たことがなかったので、とても勉強になりました。またちょくちょく遊びに来ます。どうもありがとうございました。

    • tplanning00b より:

      初めまして

      ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

      飛行機が苦手の方に私のブログが少しでもお役に立てれば幸いです。
      離陸時の10分ほどは緊張と言う事ですが、なんとなくわかる気がします。
      エンジンが大きな音で唸って緊張感も高まりますよね。
      私はと言うと緊張と言うより飛行機の力強さを感じて頼もしく思ってしまいます。

      各航空会社、最低限の安全は維持していますが、プラスアルファの安全意識に差があるのは残念ながら確かですので航空会社を選ぶのは正しい判断だと思います。
      年収に目を付けられたのは面白いです。
      財政面が健全なら安全に対してもお金をかけているはずです。
      乗員の年収が良いと言う事はその航空会社の安全に対する姿勢を少し垣間見れる事柄かもしれません。

      A380がお好きのようですね
      今世界では飛行機のダウンサイジングが進んでいますのでA380を持っている航空会社は限られてしまいます。
      やはりあれだけ大きい機体を保有すると言う事は今の世の中結構リスクになります。
      逆に一つのセールスポイントになる事もありますが・・。

      B787も前にいろいろありましたが良い飛行機だと思います。
      飛行機は就航当時は初期故障と言って想定しない故障が出る事があります。(ほとんどは安全性に関わらない小さな故障ですが。。。)
      それを修正しながらだんだん安定した飛行機になっていきます。

      そういう意味ではB777は良い飛行機かもしれません。
      私もB777に乗っていましたが、大変操縦しやすい飛行機で私も大好きです。

      これからも少しずつ飛行機の事を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

      ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。