飛行機関連

インドネシア LCC ライオンエアー機が墜落!|Flight Radar24で飛行状況を分析

 

2018年10月29日早朝(現地時間午前6時半、日本時間8時半)インドネシアのLCC ライオン航空の旅客機(乗員8人と乗客181人の計189人搭乗)が消息を絶ちました。

現在分かる飛行情報を以前ご紹介したFlight Radar 24にて追跡してみます。

当該機の便名はJT610便、ジャカルタ発パンカルピナン行き、定刻は現地時間6時10分発(日本時間8時10分)、目的地到着予定は午前7時20分です。

パンカルピナンはジャカルタの北442kmのところに位置している都市、ちょうど直線距離で東京から大阪くらいの距離で、飛行時間は約1時間ほどです。

 

機種はB737MAX8、B737の派生機で初号機の納入が2017年5月の最新鋭機です。(機種の詳細は後述します)

当該機はFlight Radar 24によると午前6時21分に離陸しています。
定刻が6時10分(ゲート出発)ですのでほぼ定刻どおりの出発です。

当該機の離陸直後の高度と速度は非常に不可解・・・?

 

当該機であるB737の離陸速度(浮揚速度)は135kt前後(時速243km)だと思われますが、低高度で300kt以上に加速しています。

まずどのようなところが不可解なのかわかり易くするために現在、世界で行われている一般的な離陸について説明します。

 

通常、現在の多くの航空会社では騒音軽減離陸(Noise Abatement Take Off)を行っています。
これは対地高度3000ft(フィート・・・1000m)まで離陸速度プラス10ktで上昇するもので、途中1500ftでエンジン出力を上昇推力に落とします。
対地高度3000ftに達したら250ktに加速、その過程でフラップを格納します。

その後10000ftまで250ktで上昇してから300kt以上に加速するのが一般的です。

当該機は早朝の離陸であり、また陸地の上空を飛んでいることからすると騒音軽減離陸を行うべき状況と思われます。

だとすれば高度3000ftまで145kt前後であるべき速度が低高度から300kt以上に加速しているのは異常と言えます。

ただ離陸には騒音軽減離陸以外の離陸方法もあり必ずしも異常とは断定は出来ないのですが、それにしても1000ft以下で210ktまで加速、その後300kt異常まで加速しているのは不可解としか言えません。

また高度の時系列を見てみると上昇が安定していなく、数百ftですが上昇降下を繰り返しています。
それに伴って速度も不安定です。

当該機は5000ft前後まで上昇したあと左旋回をして急激に高度を落とし、それと同時に速度が345ktまで加速しています。
この速度は明らかに急降下によって加速したと思われます。
(345ktと言う速度は最大速度に近い速度です。)

最後の記録は離陸してから10分後、高度3650ft、速度345ktです。

今の段階ではあくまで推測の範囲でしかありませんが、明らかに上昇が不安定ですので何らかの操縦系統のトラブル、若しくは操縦を不安定にする要因があったのかもしれません。

報道によるとによると出発前になんらかのトラブルが有り、その対処後に出発しているようです。 また機長より引き返すと言う連絡があったようです。 トラブルがどのようなものか分かりませんが、飛行状況を見た限りかなり不安定な飛び方をしていますので、何らかの故障で操縦不能となり墜落した可能性が出てきました。

海面に油や機体の破片が発見され墜落は確定的となりました。 早い原因究明が待たれます。

ライオンエアは過去にも事故を起こしていた!

ライオンエアは1999年に設立された格安航空会社です。
同社は、近年成長が著しいインドネシアの航空市場に支えられ急成長を遂げ、国内線のシェアはトップです。
しかし安全に問題があるとして他のインドネシアのすべての航空会社と共に2007年に欧州委員会からEU域内のへの乗り入れが禁止された過去を持ちます。(現在は解除されている。)

過去の事故の中で大きなものは2004年11月 MD-82が着陸に失敗、乗員乗客163人中乗員1人乗客24人死亡、2013年4月にもデンパサールの滑走路の手前で大破、死亡者はでなかったものの乗員7名・乗客101名の計108名のうち40人以上が怪我をしています。 この時も今回と同じようにBoeingから受領したばかりの新造機だったようです。

 

保有機は2016年10月現在111機(B737、AirbusA330)、現在はもう少し多いと思われます。 またボーイングとAirBus社に発注している機数は何と613機、すべてが納入されるとは限りませんが、ものすごい数です。

約19年のうちに3回の着陸失敗(上記のほかに滑走路から外れた事故有り)、これはかなり多いほうです。

急成長の影に安全性が後回しにされたのでしょうか? もしそうだとしたら航空会社として本末転倒、許されないことです。

B737MAX8と言う飛行機とは

ボーイング社が製造するボーイング737の第4世代の小型ジェット旅客機で、B737NG(Next Generation)をベースとして作られた最新鋭機で、ライバル、エアバス社のA320neoの対抗機です。

B737MAX8の名称はB737-800(NG)の後継機と言うことです。

座席数は162席から210席、巡航速度はマッハ0.79です。

当該機はライオンエアーがBoeingから8月に受領したばかりの真新しい飛行機だったようです。

POSTED COMMENT

  1. ねこ より:

    インドネシアというと、2014年のエアアジアの墜落事故を思い出しますね。

    あの時は積乱雲の影響もあったのではないかと言われていますが、今回のライオン・エアの機体は前日のフライトでも「ジェットコースター」と形容されるほど揺れていたようです。そのフライトでもスピードが不安定だったとニュース記事には書かれていました。やはり収益のために安全性が後回しにされたのでしょうか・・・

    積乱雲などの外的要因が原因なのであればそれを避けることで事故は回避できますが、機体の故障が原因だとしたら怖いですね。早く原因が究明されてほしいです。

    • tplanning00b より:

      以前、飛行機が苦手と投稿していただいた「ねこさん」でしょうか?
      もしそうでしたら当ブログをいつもご覧頂きましてありがとうございます。

      2014年のエアアジアの墜落事故の墜落事故は天候ではなく機材故障と言われているようですね。
      積乱雲があればどんなPilotであれ避けると思いますので積乱雲の中に入ることはほぼありえません。

      今回のLion Airの事故は残念ながら急成長の影で安全意識が希薄になっているのか、出発前のTroubleを軽く考えてしまったような気もします。
      日本ではまずありえない事だと思いますが・・・。

      やはりAirLineは選ばないといけないのかもしれません。

      • ねこ より:

        そうです、以前もコメント投稿させていただいた者です。
        飛行機が昔から苦手でよくairsafe.comなどの航空関連サイトを巡回していますが、このサイトもお気に入りの巡回先になりました。

        >2014年のエアアジアの墜落事故の墜落事故は天候ではなく機材故障と言われているようですね。

        そうだったんですね、失礼しました。何らかの原因で積乱雲に入り込んでしまったと勘違いしていましたが、調べてみたところ「操縦装置の不具合と操縦ミス」が原因みたいですね。(https://www.cnn.co.jp/world/35074303.html)この墜落のときも、機体には以前から問題があったようです。記事によれば「報告書によると、墜落したQZ8501便の操縦装置は接合部にひびが入り、以前から誤作動を繰り返していた。整備記録によると、誤作動は事故までの1年間に計23回発生し、3カ月前から次第に間隔が短くなっていた」とのこと。

        こういう不具合があった場合、日本の航空会社であればたとえ国内線であっても機体の使用はただちに中止されるものなのでしょうか。近距離路線の場合は稼働率を上げないといけないでしょうから、一機使い物にならなくなるのはかなりの負担になるのかもしれませんが・・・。でも誤作動が1年間に23回っていくらなんでも多すぎですよね?これまで何もなかった機体が巡航時に突然墜落に繋がるような故障をするなんて可能性はものすごく低いでしょうし、このような不具合をずっと無視していたのであれば、やはりエアアジアにも問題がありそうですね。

        近々飛行機に乗る予定があるので、なんだかちょっと不安で・・・。機体はボーイング777-300ERですが。777ほど統計的に安全な機体であっても、やっぱり素人としては怖くなってしまいます。

        • tplanning00b より:

          いつもご購読ありがとうございます。
          やはりそうでしたか。
          アドレスが違っていましたのでお聞きしました。

          エアアジアの不具合がどの程度なものかわかりませんが、操縦系統のトラブルはPilotにとっては重大な問題ですので慎重にならざるを得ません。
          私の長い経験からすると日本のエアラインの場合はエアアジアのような事はないように思います。

          大手の航空会社は基地に必ず予備機と言うものがあってトラブルが起きても便は止まらない事が多いです。
          出先でトラブルがあった場合でも出先から基地までの便が止まるだけで、その飛行機が基地から予定していたその先のフライトは維持されます。

          ただLCCの場合はこの予備機がない場合が多いので一便トラブルで止まるとその先の便が玉突き的に欠航となり一日中スケジュールが大幅に乱れる事が多いですね。
          ですので便を止める事はLCCにとっては非常に重い決断となると思います。

          こういう理由で運航維持が安全より優先されてしまう背景になる可能性は十分にあります。
          ここら辺の考え方は残念ながら国によって違うように思います。

          ボーイング777-300ERは私も乗務していました。
          B777はコンピューター制御された操縦しやすい飛行機です。
          長年の運航で安定した実績がある飛行機ですし、安全性もピカイチですので安心してご旅行ください。

          • ねこ より:

            非常に丁寧なご返信どうもありがとうございました!

            >長年の運航で安定した実績がある飛行機ですし、安全性もピカイチですので安心してご旅行ください。

            どうもありがとうございます。そう言っていただけたらとても楽になりました。

            LCCの件もとても勉強になりました。確かに、以前どこかで「LCCは一便欠航になると次の便までものすごく待たされる」という話を聞いたことがありました。それは予備機がないという理由からだったのですね。

            ちなみにブログ主様が「この航空会社には乗らない」というところがどこなのか、以前からずっと気になっています。もし差し支えなければそっと教えていただけないでしょうか・・・w

            私がこれまでに乗って「まあここなら安心かな」と思ったところは、カンタス、エア・カナダ、シンガポール航空などです。逆に嫌だなと思ったのは某大手のアメリカ航空会社で、離着陸に際してシートのリクライニングを元の位置に戻すとか、荷物を座席の下にしまうとか、そういった基本的なことが全く徹底されていませんでした。そういう基本的なことをちゃんとやっていない会社は信用できません。カスタマーサービスみたいなところに文句言ったら、「そういうクレームはお客様が始めてです」って言われました(笑)。すごく大事なことだと思うんですが・・・。基本的にアメリカの航空会社でいい思いをしたことはあまりありません。

            日本の航空会社はどちらかというとANAが好きです(JALほとんど乗ったことないけど)。前に国内線に乗ったら、「あーこのパイロット、揺れないようにすごく気を遣ってくれてるなぁ」と思うことがあって、飛行機が苦手な自分としてはそういう気遣いがとても嬉しかったのを覚えています。

          • tplanning00b より:

            メールにてご連絡いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。